1. ホーム
  2. テレワークとは
  3. どうしてテレワークで日本が変わるの?

どうしてテレワークで日本が変わるの?

telework03

テレワーク(在宅勤務)は日本の様々な課題を解決してくれます。

「テレワーク(在宅勤務)で日本を変えよう!」――――そんなに大げさなこと、どうして言えるの?
テレワーク(在宅勤務)という働き方ひとつで、何が変わるのか、そしてそれが何をもたらし、日本を変えていくのか、疑問に思うかもしれません。けれども、テレワーク(在宅勤務)には今日本が抱えている様々な課題を解決していく力があるのです。

 

日本の社会が今抱えている問題は、どのようなものがあるでしょうか?
少子高齢化、地域の過疎化、就労機会の減少、労働力不足など、数々の問題が挙げられます。また、働く人にとっても、育児介護や長時間労働など、仕事と生活のあいだで抱えている問題が多くあります。
テレワーク(在宅勤務)は、そのような数々の問題を解決してくれる道具のひとつです。

 

 

テレワーク(在宅勤務)は、働く時間や場所の制約がありません。時間も場所も問わない、そんな働き方を実践したら、日本はどう変わるのでしょうか?

労働力不足をカバー~より多くの人に働くチャンスを~

労働力が不足している原因として、少子高齢化がすすんでいることが挙げられます。多くの人が、出産・育児・介護と仕事との二者択一を迫られていますが、時間や場所に縛られないテレワーク(在宅勤務)の働き方は、その状況を緩和するひとつの手段となります。また、働く力があっても体力的な理由等により通勤が困難な高齢者や障がい者等にとって、通勤の必要なく仕事を可能にするテレワーク(在宅勤務)により、就業が可能になります。より多くの人への就労支援をテレワーク(在宅勤務)は実現します。多くの人の就業機会が増えることにより、労働人口が増加します。テレワーク(在宅勤務)は労働力不足のカバーに役立つといえるでしょう。

全国各地から就業・雇用が可能~中小企業や地域活性化を支援~

「働く」というと、都会へ出なければなかなか仕事に就くことができないといったイメージをお持ちの方が多いと思います。また、雇用する企業も、通勤できる人を前提として人材を探すので、その範囲は限りがあるでしょう。テレワーク(在宅勤務)は離れていても仕事を可能にするので、職を求める人も、人を求める企業も、場所や距離を問わずに就業・雇用が可能になります。地域から人の流出を防ぎ、また人が増えることで、地域の活性化につながります。そして、多くの人材を確保することが難しい中小企業にとっては、全国各地から人を募集できるので、有能で多様な人材を幅広い範囲で確保することができ、さらには生産性向上につながるでしょう。

環境問題~ペーパーレス化・交通代替でCO2削減、コストも削減~

テレワーク(在宅勤務)は、扱う資料や書類をすべてデータ化するので、今まで必要とされていた印刷のための機械や紙等がほとんど必要ありません。また、通勤の必要もなくなるので、各交通機関の消費電力やガス排出量が減ります。他にも、広いオフィスは必要ないので、今まで大量に使用していた空調・照明設備を減らし、節電が可能となるなど、あらゆる資源の節約にテレワーク(在宅勤務)を活用することができます。さらには、資源の節約は企業にとってもコスト削減の効果があるので、テレワーク(在宅勤務)はなかなか実用的なのです。

また、この他にもテレワーク(在宅勤務)によって、家族と過ごす時間や自己啓発や趣味の時間が増える等、生活にゆとりが生まれ、ワーク・ライフ・バランスの向上にも効果があります。

 

もちろんテレワーク(在宅勤務)には良い面だけでなく、抱えている課題 があります。しかし、テレワーク(在宅勤務)のもたらす効果 には、人・企業・社会にとって大きな意義があります。テレワーク(在宅勤務)によって、社会の抱える問題がひとつひとつ解決されることで、日本全体に大きな変化をもたらすことでしょう。