震災支援

sinsaisien

「震災支援」にもテレワーク(在宅勤務)を活用!

離れていても働くことのできる、場所にとらわれないというテレワーク(在宅勤務)のメリットを、被災地支援に活用する動きが活発化しています。

厚生労働省が発表した、震災による雇用の状況(2011年6月3日現在)によると、被災者向けの求人のうち9割が「被災地外の企業」からです。多くの被災者が、家族や自宅から離れて働きに出なければ、収入を得ることができないのが現状です。

被災地から働く人がいなくなるということは、経済活動などの縮小につながり、復興の面でも望ましいことではありません。

そこで、被災地にいながら働けるよう、テレワーク(在宅勤務)を活用して被災地の雇用創出を目指す取り組みが、多くの企業・団体ですすめられています。2011年7月12日に総務省が発表した「ICT地域活性化懇談会 提言」でも、ICTによる被災地の復興に向けた取組のひとつとして、「テレワーク(在宅勤務)による被災地における雇用創出に向けた取組」を挙げています。

また、雇用を創出するだけでなく、被災地支援活動のためにテレワーク(在宅勤務)ツールやシステムを提供する企業もいます。もともと遠隔勤務を想定してつくられているツールやシステムなので、離れた人と人をつなぐための手段として有効活用されているようです。さらには、節電を機に在宅勤務を導入し、その節約分を活用して被災地の学生向けに奨学金制度を設立する企業もあります。テレワーク(在宅勤務)をもとに、様々な支援の形が考えられているのです!

ぜひあなたも、テレワーク(在宅勤務)を活用した被災地支援の方法を一緒に考え、チャレンジしてみませんか?

関連URL
企業の実施事例